キレイになる方法

HOME >>  キレイになろう > プチ整形という選択肢

プチ整形という選択肢

「鼻をちょっとだけ高くしたい」「パッチリした二重まぶたにしたい」「ほうれい線を取りたい」・・・。メイクやコスメアイテムではなかなか対応しきれない、このような悩みをもつ女性に利用されているのが「プチ整形」と言われるものです。

従来の整形手術のようにメスを使わずリスクが少ないという点や、短時間で終わることなどから入院の必要もなく、比較的費用を抑えられるという点などから心理的なハードルが下がり、利用者は年々増えています。
また、大がかりな手術をしないというのは、「別人のように変わってしまう」「親からもらった体にメスを入れるなんて」といった、これまでの整形手術のネガティブイメージを変えつつあります。

ほとんどのプチ整形の場合、手術の後すぐに日常生活に戻れるという安心感があることや、ダウンタイムと言って、施術後の腫れがひくまでの時間が従来の整形手術よりも短いというのもメリットです。

具体的なプチ整形の方法としては、しわ取りや小顔に利用される「ボトックス注射」や、鼻を高くしたりあごのラインを整える「ヒアルロン酸注射」、二重まぶたにする「埋没法」、しみ取りや脱毛をする「レーザー法」などが挙げられます。このように説明すると、プチ整形はとても手軽で簡単なイメージですが、専門知識と高等技術が必要な医療行為であることを忘れてはいけません。

そのため、プチ整形を受ける流れの中では、しっかりとドクターからのカウンセリングを受けることが大切になってきます。
自分がなりたいイメージをドクターと共有することはもちろん、施術内容の詳細、ダウンタイムやアフターフォロー、施術後の生活、料金についての説明が必要です。

プチ整形ができるクリニックは数多くありますので、安いからといって安易に1カ所に絞らず、複数の候補から納得して契約できるところを選びましょう。